佐藤 心雄(さとう しんゆう)

みなさん、こんにちは。

初めまして、タムタム(樂しい)ランニングクラブ代表の、佐藤心雄(さとうしんゆう)です。

普段は、ランニングクラブの運営兼ジョギングインストラクターとランナーを併用して、活動させて頂いております。

僕の理念は、成長過程を大切にすることです。

この軸を大切にしつつ、幅広い世代の方々に、走る樂しさや夢を見る素晴らしさを伝えて行きたいと思います。

記事一覧(222)

小學生神奈川県大会初の走幅跳入賞&タムタムリレー侍出動!!

    みなさん、こんばんは🌃タムタムランニングクラブ代表の、佐藤 心雄(さとうしんゆう)です。いつも訪問してくださり、ありがとうございますm(._.)m    10/6(土)、Shonan BMWスタジアムでは、第11回神奈川県小學生陸上競技交流大会が開催されました。    タムタムランニングクラブからは、5名の男の子たちが出場。【大会リザルト】・5年男子走幅跳 18人中4位入賞(祝)3m63→タムタムランニングクラブ初の県大会フィールド競技入賞(祝)・4年男子100m(オープン競技)51人中50位 18秒2・共通男子(5年生、6年生)800m☆6年男子71人中27位 2分45秒☆5年男子71人中62位 3分07秒(セカンドベスト)・共通男子(5年生、6年生)4x100mリレー☆25チーム中23位 1分03秒93(タムタム新記録樹立)←4人中2人が14秒台でバトンパス    大会1ヶ月前、殆ど大和陸上競技場が利用出来ず、走幅跳の練習が出来たのは、なんと大会前日の1日のみ。    今回4位入賞された男の子は、9月の大和市公認記録会では走幅跳で優勝され、県大会では十分表彰台が狙える実力がありますが…大会前日のレッスンでは、不安な氣持ちが出てしまい、思い通りの跳躍が出来ず悩んでおり、大会出場メンバーの中で一番元氣がなかったので、僕は、"樂しいことをしている時のことを考えながら跳んでごらん♪"とアドバイスさせて頂きました。    大会前は、"ファールしてもいいから思いっきり跳んでみよう。大会を思いっきり樂しもう♪顔を上げてプラスなことばを使ってどんどん話そう"とアドバイスさせて頂きました。    今回の大会では樂しめた様で、なんと1度もファールをせず、決勝進出→そして、見事4位入賞を果たしました\(◎o◎)/    ちがさきリトルコーチの武川さん・大和みらい陸上教室代表の鹿股さんから走幅跳の指導法のアドバイスを頂いたのが実りました。本当にありがとうございましたm(._.)m    またこれは、タムタムランニングクラブ全員で勝ち取った4位ですね♪    来年は、全国大会出場狙おうヽ(・∀・)ノ    大会最後は、タムタムランニングクラブリレー侍が、400mリレーにチャレンジし、1分03秒のタムタム新記録をマーク\(◎o◎)/    リレー初チャレンジで、バトンパスがしっかり出来たのは素晴らしいです(o^-^o)   タムタムのみんな、感動をありがとう((T_T))

変わりたいと思う氣持ちが人を変える♪

みなさん、おはようございます☀タムタムランニングクラブ代表の、佐藤心雄(さとうしんゆう)です。いつも訪問して下さり、ありがとうございますm(._.)m    僕は中學1年生から陸上を始め、頭の中には、常に憧れの存在がありました。【憧れの存在リスト】・小學生:青東駅伝を走るランナー・中學生:長者中學校の偉大な先輩方、全国トップクラスのランナー・高校生:名久井農業高校の偉大な先輩方、全国トップクラスのランナー・社会人:村社講平さん・円谷幸吉さん、アフリカランナー(憧れの存在であり、勝ちたいと思う存在です。)    タムタムランニングクラブでは、年齢・レベルを問わず、小學生クラスであれば1~6年生まで同じ。おとなクラスであれば中學生~社会人まで同じ。    走るスピードは違っても、ゴールを目指して走る氣持ちは同じなので、お互いに応援し合う氣持ちを大切にして頂いております。    最近、金曜日小中學生ステップアップクラスのレッスンでは、 "人は変わる"というテーマで、実例をお話をさせて頂いております。・50m(男子、当時小5):11秒→8秒(期間は2年)・100m(女子、当時小6):18→14秒(期間は2年)    上記の子達が短期間の間にこれだけの力を付けられたのは、心の持ち方が変わったり、目標を持って、タムタムレッスン以外に、お家で自主的に練習に励んだりして、みるみる力を付けていきました。    僕なりにレベルアップに必要なことをまとめてみます。①人間力を高める:挨拶、お返事、感謝、お詫び、きれいな言葉を使う、中途半端にしない②自分を知る:自分の強み、弱みを知る③目標設定:頑張ったら手が届きそうな目標を立て、叶えるための方法を自分で考える④目標振り返り:できた部分、出来なかった部分を振り返り、課題対策を考え次に繋げる⑤自分で自分を褒める…⑤は、有森裕子(オリンピックマラソン2大会メダリスト)の名言に近いですが、これを行うのが出来ない方が非常に多いです。    少しずつでも、自分の良いところが見つけられるようになると、めちゃめちゃタムタム(樂しく)走れますよ♪(=゚ω゚=)    タムタム走りたいかたは、ぜひタムタムレッスンを体験してみてくださいね(o^-^o)☆おまけ☆    タムタムブログでは、ブログランキングやってます。いいねと思った方は、下↓のタムタムボタンをポチッと押してみてくださいね\(^_^)(^_^)/    

アメリカン・ドリーム改めタムタムドリーム

みなさん、おはようございます☀タムタムランニングクラブ代表の、佐藤 心雄(さとうしんゆう)です。いつも訪問して下さり、ありがとうございますm(._.)m    この時期(9月下旬~10月あたま)になると、小學校は運動会シーズンですね♪    タムタムランニングクラブでは、毎年リレーの選手に選ばれたよ♪と話す子が多く、素晴らしいなぁ~と思います。みんなの努力の賜物ですね\(◎o◎)/    そして、タムタムランニングクラブには今、僕を含め、世界チャンピオンを目指したり、オリンピック選手を夢見るタムタムメンバーが増えております(=゚ω゚=)<アメリカン・ドリーム:Wikipediaより>   アメリカン・ドリームとは、アメリカ合衆国における成功の概念。均等に与えられる機会を活かし、勤勉と努力によって勝ち取ることの出来るもの    タムタムランニングクラブでは、タムタム夢ノートを使用したり、毎月   月始めには、その月の目標(夢)をみんなの前で発表して頂いたり、大会出場後は大会の振り返りや次の夢をみんなの前で発表して頂いているので、どんどんどんどん、タムタムドリームが膨らみます。   ステキですね(o^-^o)   世界チャンピオンに向けて、10月から月2(火曜日)おとなエキスパートクラスがスタートします♪   タムタムメンバーの声をかたちに、これからも、夢に向かってタムタム(樂しく)走りましょうε=┌(;・∀・)┘ ☆おまけ☆    タムタムブログでは、ブログランキングやってます。いいねと思った方は、下↓のタムタムボタンをポチッと押してみてくださいね\(^_^)(^_^)/    

心からスポーツを樂しむ♪

みなさん、おはようございます☀タムタムランニングクラブ代表の、佐藤心雄(さとうしんゆう)です。いつも訪問してくださり、ありがとうございますm(._.)m    僕は今まで、色んなスポーツを行って来ました。【スポーツ歴】・小學生:バレーボール部、ドッチボールクラブ。遊びでは野球、サッカー、スケートなど…・中學生:陸上部(短距離、長距離)。遊びでは卓球、サッカーなど…・高校生:陸上部(長距離)。遊びではバスケットボールなど…・社会人:陸上(長距離)→陸上自衛隊八戸駐屯地 持続走訓練隊で約5年走り(途中、自衛隊体育學校にも所属。山岳や伴走も体験)、退職後は市民ランナーとして活動中。    市民ランナーになってからは、800m~マラソン、伴走、400mリレー、1600mリレー、トレイル、ビーチラン、駅伝など、幅広く活動中。現在は、ジョギングインストラクター兼ランナーとして活動中。→来年は50~100kmのウルトラマラソンにチャレンジしたいと考え中です(o^-^o)    遊びでは、野球、ボーリング、卓球、バスケットボール、フットサル、バドミントン、テニス、エアロビクス、スケート、スノボーなど…    僕の過去を振り返ると、高校生・自衛隊時代は、結果にこだわりすぎて、スポーツ自体樂しめないことが多かった氣がします。

自分の意思でチームを動かす♪

みなさん、おはようございます☀タムタムランニングクラブ代表の、佐藤心雄(さとうしんゆう)です。いつも訪問してくださり、ありがとうございますm(._.)m    先週の金曜日、小中學生ステップアップクラス(毎週金曜日17:30~19:00、大和スポーツセンターにて開催)に、小3の男の子が体験に来ました。    その子はサッカーを習っておりますが、ドタドタ走りが直らず、そうこうしているうちに、運動会のリレー選手に選ばれ、運動会までに少しでも改善したい!!という思いで、お忙しい中、お時間を作って参加して下さりました。ありがとうございましたm(._.)m→立ち姿勢をキレイにする、肩のバランスを整える、肩の力を抜く…この3つをアドバイスさせて頂いたあとに50m走を行ったら、なんと0.2秒も自己ベストを短縮\(◎o◎)/    体験レッスン、とても樂しんで頂けて、嬉しいです\(^_^)(^_^)/    金曜日小中クラスには現在、小6・小2の男の子が1名ずつ在籍されておりますが、先週のレッスン時に小6の男の子が、"体験の子に積極的に声をかけて、コミュニケーションを図りたい。"  と書いてあり、素晴らしいなぁ~と思いました。頼もしいですね(o^-^o)    この子は控えめな性格ですが、普段サッカーを習っていて、チームのキャプテンを務めております。    中々予定が合わず、タムタムのレッスンに参加できない時は、目的を持って走る練習に励んでいる、素晴らしいランナーです。    タムタムランニングクラブには今、自主性の高い小學生メンバーが増えてきて、とても盛り上がって来ております。    お互いに手を取り合ってチームワークを高め、夢に向かってタムタム(樂しく)走りましょうε=(ノ・∀・)ツ☆おまけ☆    タムタムブログでは、ブログランキングやってます。いいねと思った方は、下↓のタムタムボタンをポチッと押してみてくださいね\(^_^)(^_^)/

ビリから學ぶこと

みなさん、おはようございます☀タムタムランニングクラブ代表の、佐藤心雄(さとうしんゆう)です。いつも訪問してくださり、ありがとうございますm(._.)m    最近、初めてお会いした女性から、タムタムランニングクラブの活動について、お話させて頂きました。   僕は初対面の方には大抵、元々走るのが苦手で、ビリからスタートしてますというところからお話させて頂いておりますが、先日そのお話をさせて頂いたところ、絶対うそでしょ!! っていう言葉が返って来ました((+_+))    ランニングクラブのインストラクター=走るのが得意なイメージがあるのか、はたまた、今問題なく走っているので、イメージが湧かないのか!?(・・;)このお話をしても、初対面の方にはあまり僕がビリからスタートしているお話をしても、信じて頂けない事が多いです。    かけっこビリリストをまとめてみます。【かけっこ ビリリスト】・中1:市内(青森県八戸市)大会でダントツビリ←この時、全国大会に出たい夢が出来、努力した結果、2年後に実現\(◎o◎)/・中3:全国大会でビリ(第1回都道府県対抗男子駅伝、個人・チーム共に最下位)・高1:県大会ビリ2(ビリの友達と1秒位)・20歳:山岳東北大会 縦走ビリ・38歳:第3回AFDナイター陸上大会5000m2組ビリ…上記のリストは、全て全力でチャレンジした結果です。中途半端な出し惜しみはつまんないし後悔が残るので、やるならとことん全力にこだわります!!    全力で走ってのビリは、ハッキリ言ってくやしい(≧口≦)ノ    ビリを取ったあとは、必ずと言って良いほど、大きな夢が膨らみます♪    最近出場した大会では組で断トツビリでしたが、そのあとすぐ、来年の大会では14分台を出して、大会新記録を更新して優勝したいという夢が出来ました\(^_^)(^_^)/    悔しさ以上に、全力でぶつかってもビリになるくらい周りが強いということだから、努力して、前のランナーの背中に追い付け追い越せとなれる方法を模索しながらトレーニングに励む過程がやだら樂しいしですね♪♪♪♪♪\(^_^)(^_^)/    しばらく不調続きですが、当面は、30代のうちに再び5000m14分台を出す夢に向かって、タムタム(樂しく)走りますε=(ノ・∀・)ツ☆おまけ☆    タムタムブログでは、ブログランキングやってます。いいねと思った方は、下↓のタムタムボタンをポチッと押してみてくださいね\(^_^)(^_^)/

ベルリンマラソン2018~世界新記録と向き合う~

みなさん、おはようございます☀タムタムランニングクラブ代表の、佐藤 心雄(さとうしんゆう)です。いつも訪問してくださり、ありがとうございますm(._.)m    9/16(日)に開催されたベルリンマラソン2018で、男子の部門では、ケニアのキプチョゲ選手が2時間1分39秒の世界新記録をマークし、優勝されました\(◎o◎)/     日本選手は、中村選手が2時間8分台の自己ベストで4位入賞(祝)    日本選手ですが、男子は3選手が8位以内に、女子は2選手が8以内に入賞されました。    実に素晴らしいですね♪    Yahoo!ニュースの関連記事に、1964年東京オリンピック男子マラソンで、優勝されたアベベ選手と銅メダルを獲得された円谷幸吉選手の差が4分以上、今回のベルリンマラソン世界新記録で優勝されたキプチョゲ選手と設樂選手の日本記録を比較すると4分以上開きがあるから、半世紀経っても世界との差は埋まらない…アフリカ勢には勝てない…ネガティブ発言ばかり飛び交っていて、正直イラッ💢とします(-'д-)y-~   日本選手と海外選手とのスピードの差は、今に始まった話ではありません。   日本陸上界の歴史に名を連ねた、村社講平選手(僕の尊敬するランナー)や円谷幸吉選手らがご活躍されていた時代から、村社選手も円谷選手も、海外選手とのスピードの差を感じ、その差を埋める努力をされていましたが、中々埋まらなかった様で、現在は更に引き離されておりますね。    過去、ダグラス・ワキウリというアフリカランナーが、日本で陸上を學ぶために、実業団のS&B食品陸上部に所属され、ご活躍されていた時代がありました。   日本陸上長距離界を変えるために必要なことを、僕なりにリストアップしてみます。※こちらはあくまでの僕の考えなので、否定せず、お読みください。・あきらめない・ジュニアでは世界を上回っているのに、シニアになると一氣に世界と差がつく原因を、ひたすら追求する ・結果にばかり目を向けず、成長過程を大切にした上で結果に結びつけていく考えをもつ・チームジャパンとして、一体感を大切に活動する・日本人のスタミナが最強だったと言われる昭和20年代の食べ物の導入・スポーツメンタルトレーニングをどんどん行う・スポーツが、走るのが樂しいと思える環境作り…日本の陸上界を変えるために、僕はタムタムランニングクラブの活動を通じて、大切なことを発信し続けますよ( ̄ー+ ̄)✨☆おまけ☆    タムタムブログでは、ブログランキングやってます。いいねと思った方は、下↓のタムタムボタンをポチッと押してみてくださいね\(^_^)(^_^)/    

第3回AFDナイターの大会~久々にビリ経験~

      みなさん、こんばんは。タムタムランニングクラブ代表の、佐藤心雄(さとうしんゆう)です。いつも訪問してくださり、ありがとうございますm(._.)m    今日は午前中タムタムレッスンで、午後からは、帝京大學グループ千住総合グラウンドで開催された、第3回AFDナイター陸上大会5000mに出場させて頂きました。    今回のテーマは、2つ!!①15分台ペースでどこまで行けるか!?②2021年、日本(関西)で開催される、世界マスターズ大会にピークを持っていくために、今からハイレベルな試合で競技力をアップさせる!!…こんな想いを込めて、チャレンジさせて頂きました。    結果は、16分56秒1(3'06-3'15-3'32-3'38-3'22。2000mまでは15分台ペースで行けたので、以前の力が少しずつ戻って来ました。)で、2組最下位、総合11人中6位でした。→トップの選手は15分24秒で、周回遅れにされました( ̄□ ̄;)!!    スタート前、神奈川マスターズ陸上競技連盟で審判をされている泉山さんが、僕のことを以前から知っていたそうで、「ここで誰にも抜かれない様な記録を作ってください」と激励されましたが…期待に応えられずビリでしたので、来年の大会では14分台(大会新)を目指してタムタム走りますε=(ノ・∀・)ツ    久々にビリを経験して収穫がたくさんあり、新しい出会いもたくさんあり(倉地選手、審判員の泉山さん、鈴木さんご夫妻。みなさん穏やかで丁寧な方で、心が温まりました(o^-^o))。ここからまた努力して、9/30(日)東京マスターズロードレース大会5kmでは、M35日本記録を狙います。☆おまけ☆    タムタムブログでは、ブログランキングやってます。いいねと思った方は、下↓のタムタムボタンをポチッと押してみてくださいね\(^_^)(^_^)/