一歩踏み出した自分を樂しむ♪

みなさん、こんばんは🌃タムタムランニングクラブ代表の、佐藤心雄です。いつも訪問して下さり、ありがとうございますm(._.)m

    昨日、木曜日おとなクラスのレッスン中、ウォーミングアップしながら、タムタム会員さんたちとお話させて頂きました(ФωФ)

    大濱さんは現在、故障の影響があり、あまり調子が思わしくないので、樂しんで走りたいと仰っており、素晴らしいと思いました。※上手くいかない時は、氣持ちの切り替えがとても大切です。
→2月は、奄美大島のマラソン大会で、同じランニングクラブのお仲間と仮装賞を狙うそうです♪ワクワクしますね(ФωФ)
→3月は、名古屋ウィメンズマラソン。1年間の集大成になるレース。タムタム走りましょうε=(ノ・∀・)ツ

    益田さんは2年前の全日本マスターズ陸上大会800mで優勝、去年は同じ大会で3位と、素晴らしい成績を収められております。
→去年の同じ大会では、400mにも出場されており、なんと半分まで日本記録保持者の選手に食らいついて行ったとか((+_+))勢いがハンパないですね\(◎o◎)/

    そんな益田さんに質問してみたところ、大会で一緒に走る相手がどんなレベルでも、取り敢えず付いてってみようと思い、スタートから攻めて走りますと仰っており、とても素晴らしいと思いました。

    益田さんのお話を伺いながら、僕は昔の自分を思い出しました。

    23歳の時、陸自八戸チーム(陸上自衛隊八戸駐屯地の略名。当時の僕は、走ることがメインのお仕事でした。)で10km近い距離を走らせて頂いた時、同じ区間には、青森大學のダグラス・ワンジャウ選手(高校時代3000m障害インターハイチャンピオン)がエントリーされておりました。

    格上の相手でしたが、僕はその時、不安な氣持ちは殆どなく、こんなに速い選手と一緒に走れるなんて幸せだなぁ…と言うワクワクした氣持ちいっぱいでスタート。

    結果、半分くらいまで並走させて頂き、そのあとは引き離されましたが、めちゃめちゃタムタム走れましたε=(ノ・∀・)ツ

    相手が強いと、最初から白旗上げたくなりますが…最初から結果を決めつけたら、樂しくないですよね♪

    少しのチャンスにかけたいと思うなら、失敗をおそれず、一歩踏み出してみましょう♪

    そうすると、一歩踏み出した新しい自分に出会えて、今より更にタムタム(樂しく)走れますよ~ヽ(・∀・)ノ

    さぁ、明日も寒さに負けず、タムタム走りましょうε=(ノ・∀・)ツ

    それでは、下↓のタムタムボタンをポチッと押してみてくださいね\(^_^)(^_^)/

    

    

ビリランナー 佐藤心雄のタムタムブログ

タムタムランニングクラブ代表の、佐藤心雄です。モアイ大好きです。よろしくお願いいたしますm(._.)m

0コメント

  • 1000 / 1000