~理想のライバル関係~第16回奥むさし駅伝競争大会

↑こちらの写真は、昨日の大会で、YouTubeにアップされておりました。手前のサングラスをかけた、オレンジユニフォームが佐藤心雄です。
みなさん、こんにちは☀タムタムランニングクラブ代表の、佐藤心雄(さとうしんゆう)です。いつも訪問して下さり、ありがとうございますm(._.)m

    昨日、埼玉県飯能市で開催された、第16回 奥むさし駅伝競争大会に、山下スポーツという飯能市にあるスポーツ店チームの一員として、出場させて頂きました。

↑佐藤心雄ファンクラブページで、紹介して頂きました。いつもありがとうございますm(._.)m

↑昨日のリザルトです。

   今回、トレーニングの一環として出場させて頂いたので、前日のタムタムレッスンではトータル40km(ラン+自転車)走り、疲労MAXでどれだけ体を動かせるかチャレンジしましたが、スタートからかなりキツくて、全然動かず、去年より1分30秒も遅い、ワースト記録でした((+_+))
→9.9km34分06秒、147人中区間67位、高校生含めたら200人中110位くらいでした。

    加えて、この日の飯能市の氣温は➖3℃。走り終わったあと、ほっぺがこわばって、ずっと寒かったり、中継所に次の走者がおらず、10秒くらいロスしたり、色々大変でした((+_+))

    みなさん、いつも応援ありがとうございますm(._.)m

    1区走り終わったあと、去年の大会から繋がりが出来た方と一緒に、スタート地点まで10kmおしゃべりしながら走って帰りました。

    その方は僕より8つ年上で、お仕事が忙しく、家族との時間を大切にするために、早朝(朝5:00~)からトレーニングされているそうです。

    現在、僕は1児の父親で、子ども一人出来ただけでトレーニング時間を30分確保するだけでも大変なのに、周りを見渡せば、時間美人の方はいっぱいいらっしゃると思いました。

    忙しいという言い訳は出来ないですね。

    奥むさし駅伝競争大会は、各世代のトップランナーが集まるため、本当にハイレベルで、毎回、自分の力不足を痛感させられます。

    僕が思い描くライバル関係は、走るときはライバルだけど、普段は腹を割って話せて、勝っても負けてもお互いを認め合ったり尊敬し合える間柄でいられる事です。

    今回、一緒に走って帰ってきたランナーさんとは、マスターズ陸上大会をはじめ、色んなところでお会いしますが、とても丁寧な方で、まさに思い描いている間柄の存在なので、個人的に大好きですし、これからも高めあって行きたいです(o^-^o)

    この想いを、タムタムランニングクラブの活動を通じて、どんどん発信して行きます♪\(^_^)(^_^)/

    それでは、下↓のタムタムボタンをポチッと押してみてくださいね\(^_^)(^_^)/

  

    

ビリランナー 佐藤心雄のタムタムブログ

タムタムランニングクラブ代表の、佐藤心雄です。モアイ大好きです。よろしくお願いいたしますm(._.)m

0コメント

  • 1000 / 1000