ひかりの國のおはなし上映会~過去の記憶が甦る~

みなさん、おはようございます☀タムタムランニングクラブ代表の佐藤 心雄(さとうしんゆう)です。いつも訪問してくださり、ありがとうございますm(._.)m

    10/14(日)アートフォーラムあざみ野で開催された、どいしゅうさんの上映会に行ってきました。

    内容が氣になる方は、こちら↓のページをご覧ください🍀m(._.)m
    どいしゅうさんが過去に、ひかりの国(あの世)で体験された映画です。

    最後、妹さんとお別れのシーン(妹さんは新しい世界に行き、将来、どいしゅうさんのこども(若しくはお友達ご夫婦のこども)として生まれてくる)では、一氣に涙が溢れました((T_T))

    どいしゅうさんがひかりの世界に行った瞬間、肉体から離れるというご経験をされたそうですが…実は僕も昔、少し似たような経験があります。

    高校2年生のとき、朝練で走っていたら、後ろから40キロのスピードで走っていた2tトラック(パン屋さん)に追突されて電信柱前まで飛ばされ、30秒位氣絶しました。
 
    その瞬間、肉体から離れて宙に浮き、宙から自分が倒れている姿が見えて、"あっ、僕はこのまま死ぬのかな" と思ったら、"あなたにはまだやるべき事があります。だから、死んでは行けませんよ "と、天の声が聞こえて来て、そのあと僕の魂が肉体に戻り、"いってぇー"ってなって、ふらふらしながら立ち上がった…という体験をしました。

    肉体に戻る瞬間、"そう言えば、天の声↑が聞こえたな"って言うのを、21年経った今、上映会を通じて記憶が甦りました。

    上映会最後のトークショーで、どいしゅうさんは、"この身体で過ごす人生は、恐らく1回切りになります。1回切りの人生で、これをやり遂げた…と思える人生を過ごせたら最高ですね♪お世話になっている方々に向けて、感謝の氣持ちを大切にしましょう"と仰っておりました。

    当たり前に過ごしていたら、感謝の氣持ちを忘れがちになりますが、色々な方々の支えがあって、僕らは毎日を生きているので、感謝の氣持ちを忘れずに、1日1日を大切に過ごして行きたいな…と思いますヽ(・∀・)ノ

    そして僕は、佐藤心雄としての人生でやり遂げたいことは、"心で向き合い、心で寄り添い、夢を与えられる存在になること"です。

…決意新たに、世界チャンピオンになる夢に向かって、タムタム(樂しく)走ります♪♪♪♪ε=(ノ・∀・)ツ

☆おまけ☆
   タムタムブログでは、ブログランキングやってます。いいねと思った方は、下↓のタムタムボタンをポチっと押してみてくださいね\(^_^)(^_^)/

ビリランナー 佐藤心雄のタムタムブログ

タムタムランニングクラブ代表の、佐藤心雄です。モアイ大好きです。よろしくお願いいたしますm(._.)m

0コメント

  • 1000 / 1000